+売れ筋
+ヤフー・オークション

+雑色系横断検索
Loading
+関連ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
あのサミュエル・パーディーがボーナストラック入りで再発!
マイミク(ストロベリィ♂さん)から入手の情報流し売りですが、絶対に買いな1枚が再発されます!!

ミュージカリー・アドリフト
ミュージカリー・アドリフト
サミュエル・パーディー

初期ジャミロクワイのドラマーとギタリストのAORユニット=サミュエル・パーディーの超ご機嫌なアルバムがボーナストラック入りで再発です。当時は「夏のハイウェイ」という邦題でした。

6,7年くらい前に書いた「無人島に持って行きたい音源」でも選んでいたアルバムです。

スティーリー・ダンとジャミロクワイをミックスした感じとでも言えばいいでしょうか。マイケル・マクドナルドも混ざった感じかなぁ。

Elliot Randall(初期スティーリー・ダンのギタリスト)、Elliot Scheiner(スティーリー・ダン、ドナルド・フェイゲン)、Frank Floyd(「Gaucho」「The Nightfly」に参加)というスティーリー・ダン関係者が多いこともあり、ところどころで「お、これはスティーリー・ダンそのものじゃん!」っていう音に巡り会います。

その他にも、Jan Kincaid & Andrew Levy(ブラン・ニュー・ヘヴィーズ)、Stuart Zender(ジャミロクアイ)、Ben Addison & Scott Addison(コーデュロイ)という、自分には超ツボなメンバー達がゲスト参加。アシッドジャズとスティーリー・ダン好きな方は絶対聴いてください!聴くべきです!

Samuel Purdey - Lucky Radio


一瞬、スガシカオの「午後のパレード」かと思っちゃいますが。ってか、スガさんもきっと好きなんでしょうね、サミュエル・パーディ。

↓こちらで曲の試聴も出来ます。
http://www.greydogsrecords.com/samuelpurdey.html

ちなみに、ボーナストラックですが、てっきり「Acid Jazz Meets Free Soul 2」と「Totally Wired 11」にしか入っていないTower of Power「clever girl」のカバーかと思っていたんですが、未発表曲のようです。リマスタリングもされてるし、持っててても買いなのかなぁ。ちょっと迷います。。。


ちなみに、↓は、サミュエル・パーディーの他にもブラン・ニュー・ヘヴィーズ(BNH)、コーデュロイ、ニュー・ジャージー・キングス、ガリアーノ、マット・デイトン、マザー・アース、フェイズ、ザ・ジェイムス・テイラー・カルテット(JTQ)、アキンボ、など収録で心地よく好きなアルバムです。

アシッド・ジャズ・ミーツ・フリー・ソウル 2
アシッド・ジャズ・ミーツ・フリー・ソウル 2

| ブラック・ソウル | 11:26 | comments(1) | trackbacks(1) |
スガシカオでGO-GO!?
マイミク=ta★kettieさんの日記で、スガシカオのライブで20分以上ノンストップなGO-GOコーナーがあったと知りました。

ファミリー・シュガーじゃなくなってから興味が薄れきっていますが、そういう話を聞くと、やっぱシカオいいかも、って思っちゃいます。

半年くらい前に自分の中でGO-GOの再ブームが来て、GO-GOはやっぱり自分の血が一番騒ぐ音楽だと再認識していました。あー、スガシカオのライブ行きたかったかも。

以下、半年前のブームで新たに入手したGO−GO音源&映像。
どれも最高に素晴らしく、お宝になってます。

やっぱ、GO-GOはライブでしょ!
本物のGO-GOライブやらないっすかねぇ?

Put Your Hands Up [DVD] [Import]
Put Your Hands Up [DVD] [Import]

Chuck Brownのみならず、E.U.、Backyard、911などのライブも観れちゃう2枚組。必見盤です!!!ほんと、所有DVDの中でも、3本の指に入るお宝ライブ映像です。
(アマゾンの説明では、リージョン1となっていますが、自分が入手したのはリージョンオールでした。アマゾンが間違っている可能性あり。)

Live
Live
Trouble Funk

曲名無いですが。
どの曲も長いですが。
当たり前です、ゴーゴーですから。


ちなみに、チャック・ブラウンのトリビュート・ライブは、CDでも発売されてます。

Put Your Hands Up
Put Your Hands Up
Chuck Brown


その他、これまでに書いたチャック・ブラウン関連記事はこちら

| ブラック・ソウル | 00:38 | comments(2) | trackbacks(1) |
な、なんと、13CATSの映像が!
“13CATS”の映像があるなんて!しかも、アース・ウィンド&ファイヤのAl McKay(アル・マッケイ)も参加している映像!

ちなみに、ストレイキャッツ系の13CATSとは別物で、沼澤尚、CAT GRAY(キャット・グレイ)、KARL PERAZZO(カール・ペラッゾ、カール・ペラーゾ、カール・ペラッツォ)のバンドですよ、念のため。

キャットは、今何をしてるんでしょう?やはりこの映像でもプリンスの影響を感じさせますよね。
カールは、最近はどこで活躍中ですか?サンタナは一段落ですかねぇ?
また日本に来て、13CATSでライブやってください!

13Cats Promotion Music Video 


Steve Baxter,Eddie M.,Takashi Numazawa,Cat Gray etc.(@佐藤竹善ライブ)


eye on the sky - 13cats 


THE VERY BEST OF 13CATS
THE VERY BEST OF 13CATS
13 CATS

・その他の13キャッツの作品

| ブラック・ソウル | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
Brazilian Rhyme、やっぱかっこいいですよね。
昨日書いた「Brazilian Rhyme」、Youtubeで探して見ました。

さすがに塩谷哲 with 露崎春女はなかったし、動画もあまりいいのが無かったですが、2つほど貼っておきます。やっぱかっこいい!

Brazilian Rhyme - Marcus Miller


Earth Wind & Fire-Brazilian Rhyme




| ブラック・ソウル | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック再結成と聞いて
ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック再結成と聞いて思い浮かんだ曲は、↓でした。
時代と曲調とstepがかぶってるせいで、ゴッチャになっていたようです。

Bobby Brown- Every little step.


しかも、“離婚したロックスター”佐藤タイジのアルバム「The Divorced Rockstar」で最近聴いたばっかりでもあったし。。。


ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックは、こっち↓でしたね。
(LIVEということで、踊りもベースもはじけてます。)

New Kids On the Block - Step by Step Live


ま、どちらも懐かしいことには変わりないです。


ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックは14年ぶりのアルバムだそうです。(盤によって、収録曲数が違いそうですね。)

The Block
The Block
New Kids on the Block

Block
Block
New Kids on the Block

ニューキッズオンザブロック
ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック,ニュー・エディション,エイコン,Ne-Yo,レディ・ガガ,プッシーキャット・ドールズ,テディ・ライリー

| ブラック・ソウル | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
バーニー・ウォーレルのファンク・ロック・アルバム
Improvisczario
Improvisczario
バーニー・ウォーレル,マイク・ゴードン,ウォーレン・ヘインズ

それほど期待してなかったんですが、か・な・り、かっこいいです。

これまでのバーニー・ウォーレルのアルバムのイメージとちょっと違い、ジャズ/ファンク/ロックがミックスされた即興インストゥルメンタル・アルバムで、解説書曰く「セロニアス・モンクのピアノ、マイルス・デイビスのエレクトリック全盛期、そしてメデスキ、マーチン&ウッドの音をミックスしたようなアルバム」。

Praxis(プラクシス)好きな人は、かなりツボなんじゃないでしょうか?(バケットヘッド風のギターは入っていませんが。)
Praxisをもっとジャジーにしてファンクにした感じです。

バーニー・ウォーレル(Pファンク/トーキング・ヘッズ)
ドラム:ウィル・カルホーン(リヴィング・カラー)
ベース:ブレット・ベース(レジーナ・スペクター)
ギター:ウォーレン・ヘインズ(Govt Mule/オールマン・ブラザーズ)
バンジョー:マイク・ゴードン (フィッシュ)


| ブラック・ソウル | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
チャカ・カーン新譜「ファンク・ディス」
ファンク・ディス
「ファンク・ディス」チャカ・カーン
マイケル・マクドナルド,トニー・メイデン,メアリー・J.ブライジ

チャカ・カーンの新譜、ルーファス時代に戻ったようなサウンドらしいです。タイトルもいいですよね。ストレートで。

ジミー・ジャム&テリー・ルイスのプロデュースというのも、聴かずにはおられない感じ。

日本盤のみのボーナス・トラックには、ルーファスの「ワンス・ユー・ゲット・スターテッド」、アースの「シャイニング・スター」も収録とのことで、買うなら日本盤ですかね。


| ブラック・ソウル | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
踊るマーカス・ミラー:ジャマイカ・ボーイズ動画
Jamaica Boys - Shake It Up:YouTube


マーカス・ミラーとレニー・ホワイトが中心となって組んだバンド "ジャマイカ・ボーイズ"。
R&B、レゲエ、ヒップホップ、ニュージャック・スィングな感じで結構好きなんですが、そんなジャマイカ・ボーイズの映像があるとは思っていませんでした。

後半では、マーカスがベースを置いて踊りまくっています。
マーカスも好きなんでしょうね、こういうの。
バーナード・ライト、ディンキー・ビンガムも大活躍です。

ちなみに、このPVに出てくる丸い俳優さん、なんて人でしたっけ?スパイク・リーの「モ’・ベター・ブルース」に出てて結構好きなんですけど。

J-BOYS
J-BOYS
ジャマイカ・ボーイズ

ジャマイカ・ボーイズ
ジャマイカ・ボーイズ
ジャマイカ・ボーイズ

モ’・ベター・ブルース (ユニバーサル・セレクション2008年第1弾) 【初回生産限定】
モ’・ベター・ブルース (ユニバーサル・セレクション2008年第1弾) 【初回生産限定】


| ブラック・ソウル | 22:15 | comments(1) | trackbacks(0) |
なんと、パーラメントの紙ジャケ10枚組CDが!!
カサブランカ・イヤーズ(紙ジャケット仕様)
カサブランカ・イヤーズ(紙ジャケット仕様)
パーラメント

前の記事(鈴木蘭々ネタ)を書いていて、何気なくパーラメントの検索結果を見てたら、こんなものが!
見開きジャケット仕様だったり、ポスターやアイロンプリント付だったり。

でも、この金額はちょっと・・・。
ああ、でも欲しい・・・。

本物のP-FUNKマニア、パーラメント・マニアなら、迷わず買うんですかねぇ。。。

| ブラック・ソウル | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミシェル・ンデゲオチェロ新作:パット・メセニー参加!
『夢の男』ミシェル・ンデゲオチェロ

なんと、こんなアルバムも発売されてました。
パット・メセニーが参加とのこと。さて、今度はどんな音楽を聴かせてくれるのでしょう。

・その他のミシェル・ンデゲオチェロ関連記事
Me'Shell NdegeOcello

| ブラック・ソウル | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) |