+売れ筋
+ヤフー・オークション

+雑色系横断検索
Loading
+関連ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
World's End Girlfriend がやばい。
(オムニバス),CRO-MAGNON,H ZETT M,THE金鶴,rega,→Pia-no-jaC←,三柴理,栗コーダーカルテット,ワタナベイビー,タテタカコ

オムニバス,EY∃,LOSALIOS,Limited Express(has gone?),POLYSICS,ROVO,Spangle call Lilli line,saicobab,world’s end girlfriend,クラムボン,スーパーカー,CONVEX LEVEL

ちょっとしたキッカケで、World's End Girlfriend というユニットをチェックしたら、ヤバ過ぎました。美しさと激しさの完全なる同居、という感じ?
深入りしてしまいそうです。

手持ちの音源調べたら、実は2曲持ってました。(「JAMMIN’ with CHOPIN~トリビュート・トゥ・ショパン~ 」「Fine Time~A Tribute to NEW WAVE 」の収録曲。)

以下、美しい系を中心に選びましたが、いろいろなジャンル、要素を持ったユニットのようです。是非、チェックあれ。
なお、最後の動画は映像的にやばいので、気をつけてご覧ください。

「光を映す影」world's end girlfriend


君をのせて~ナウシカ・レクイエム - world's end girlfriend & POL feat.湯川潮音


world's end girlfriend - you


World's End Girlfriend - We Are The Massacre






| Jポップ・Jロック | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
8/24 20時から2時間USTREAMにてDUB SQUADだそうです。
手抜きにて失礼。

DUB SQUADのTARO ACIDA氏のTweetです。

@taro_acida 明晩20時からUST中継! 2時間まるっとDUB SQUADをかけまくるよ!【METAMORPHOSE 2011 PREVIEW : Vol.2】 DJ: TARO ACIDA (DUB SQUAD DJSET)  http://t.co/z2Xn8fx

TARO ACIDAプロフィール:http://www.nbp.jp/artists/taro_acida/
TARO ACIDA=山本太郎さんのご紹介:http://club-loop.jugem.jp/?eid=655
METAMORPHOSE 2011 出演決定アーティスト(Dub Squadプロフィール): http://www.metamo.info/artist/

Dub Squad-EFF


DUB SQUAD/E.D.E.N.(original short size)



その他、 http://www.myspace.com/1004968947 でも聴けます。



| Jポップ・Jロック | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
オオフジツボとKENSOとプログレ女子と
我らが「うたものギタリスト」太田光宏 氏とアコーディオンの藤野由佳さん、ヴァイオリンの壷井彰久さんのアコースティックユニット。知り合いということ抜きにしても、非常に心地よいアルバムですので、是非是非みなさん聴いてみてください。

癒されるだけじゃなく、時折(?)感じるプログレ精神で元気ももらえます。

オオフジツボ / 光り踊る波 (Live at 音や金時)



で、なぜKENSOかというと、プログレっぽさという点はもちろんですが、タイトルにKENSOの影響を感じたりしたからでして。(実際は無関係かも知れませんが、自分はタイトルをみて、ケンソーが浮かんでしまったので。)

夢のあと(オオフジツボ)   夢の丘(KENSO)

曲名も、「空に消ゆ」(オオフジツボ)と「空に光る」(KENSO)とか。

KENSO - Sora ni Hikaru(空に光る)


そして、プログレ女子は、これ↓

Kenso Sora ni hikaru (空に光る)~MiZ

エレクトーンの発表会(?)でKENSOやる女子高生。かなりすごいのではないかと。 でも、客がついてこなさそう。

さらに動画探したら、なんと9歳でELP Tarkusもやってたようです。この娘、凄すぎます。

ELP Tarkus~MiZ



オオフジツボ
コメント:ヴァイオリンにアコーディオンにアコースティックギター。心地よい音色に癒されます。アイリッシュ/スコティッシュだけでなくプログレ精神も感じたりもします。


| 邦楽ジャズ・フュージョン | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホフディランといえばコジコジ?再びお茶の間に。
ホフディランが『おかあさんといっしょ』の4月の曲としてオンエアされ始めたそうです。

ホフディラン「小宮山雄飛の軟式ブログ」

ちなみに、世間一般的に、ホフディランってどのくらいの知名度なんでしょう?自分の中では、かなりメジャーなPOPグループですが。
コジコジとかもあったから、それなりにメジャーですよね?

コジコジ オープニング kojikoji op


コジコジといえば、エンディングで電気グルーヴの「ポケット・カウボーイ」も良かったですよね。

ポケットカウボーイ



ホフディラン LIVE AT BUDOKAN - コジコジ銀座




ホフディラン,さくらももこ,小宮山雄飛?,渡辺慎,カラオケ

電気グルーヴ,石野卓球,ピエール瀧,砂原良徳

ホフディラン,Kaji Hideki
【ディスク1】
  1. はじまりの恋
  2. TOKYO CURRY LIFE ~邦題・東京カレー物語~
  3. 恋はいつも幻のように
  4. スピリチュアル
  5. 長い秘密
  6. コジコジ銀座 w/Kaji Hideki
  7. 弾丸ライナー w/Kaji Hideki
  8. LOW POWER
  9. マナマナ
  10. サガラミドリさん
  11. HAPPY
  12. SEASON
  13. 美しい音楽
  14. こんな僕ですが
  15. ホフディランのテーマ (リプライズ)
  16. マゼマゼ (マナマナ Remix by YUHI KOMIYAMA)


| Jポップ・Jロック | 01:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
安藤裕子「大人のまじめなカバーシリーズ」買うべきかな。
安藤裕子
¥ 2,198
【ディスク1】
  1. THE OTHER SIDE OF LIFE(原曲:樋口康雄 1979年)
  2. 林檎殺人事件 (feat.池田貴史)(原曲:郷ひろみ 樹木希林 1978年)
  3. セシルはセシル(原曲:早瀬優香子 1986年)
  4. 君は1000%(原曲:1986オメガトライブ 1986年)
  5. 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-(原曲:Yellow Magic Orchestra 1983年)
  6. ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ(原曲:鹿取洋子 1980年)
  7. 春咲小紅(原曲:矢野顕子 1981年)
  8. Woman 〜Wの悲劇〜(原曲:薬師丸ひろ子 1984年)
  9. 松田の子守唄(原曲:サザンオールスターズ 1980年)
  10. ワールズエンド・スーパーノヴァ(原曲:くるり 2002年)
  11. ぼくらが旅に出る理由(原曲:小沢健二 1994年)
  12. ワールズエンド・スーパーノヴァ live ver. (BONUS TRACK)

安藤裕子のカバーは前から気になっていて聴きたいと思ってましたが、今回カバーをまとめたアルバムがでたとのことで、とても気になってます。
樹木希林も参加の「林檎殺人事件」のDVDが初回限定特典でついてるし、買うべきか。


安藤裕子 / 林檎殺人事件(feat.池田貴史) (原曲:郷ひろみ 樹木希林)

僕らが旅に出る理由 - 安藤裕子(原曲:小沢健二)


君は1000% - 安藤裕子(原曲:1986オメガトライブ カルロストシキ)


君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス - 安藤裕子(原曲:YMO)


ゴーイング・バック・トゥ・チャイナ - 安藤裕子(原曲:ディーゼル、鹿取容子)




懐かしいので、原曲も少し。

君は1000%   1986オメガトライブ カルロストシキ


林檎殺人事件 in Egypt


ぼくらが旅に出る理由 小沢健二  music video clip










| Jポップ・Jロック | 22:41 | comments(0) | trackbacks(1) |
大英博物館に「聖☆おにいさん」だって
【WEBトピックス】大英博物館で漫画「聖☆おにいさん」- MSN産経ニュース

実は、我が家には全巻あるのに、まだ読んでないんです。。

というのも、手塚治虫の「ブッダ」をもう一度読んでから読もう、と思ってたら、手塚ワールドにハマってしまって、「ブッダ」全巻制覇のあとは「ブラックジャック」に走ってしまったのです。
その後は、高校時代にハマっていた「火の鳥」も読み直したいなぁ、とか思ってるし。

とはいっても、漫画なんだから、すぐ読めるか。
読もう、っと。




| ノンジャンル 本 | 01:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
キース・リチャーズの新作!と思いきや。
キース・リチャーズの「Vintage Winos」、自分も新作と思って買いそうでしたが、アマゾンのカスタマーレビューで、騙されたとかなり叩かれてます。

新作と思いきや、実はファンなら持ってる3枚からのベスト盤なのです。
しかもアマゾン、WinosをVinosとか間違えてるし。

でもでも、ストーンズとは違うかっこ良さ満載ですので、持ってない方は是非チェックしてみてください。MP3ダウンロード版「Vintage Winos」 の方で、全曲試聴できます。カッコイイですよ。

スティーヴ・ジョーダン(Steve Jordan)とチャーリー・ドレイトン(Charley Drayton)が、曲によってドラム、ベース、ギターを入れ替わり立ち代わり演奏してたり、P-FUNK系のブーツィー・コリンズ(William "Bootsy" Collins)、バーニー・ウォーレル(Bernie Worrell)、メイシオ・パーカー(Maceo Parker)などの参加もあったり。

Keith Richards - Take It So Hard & Big Enough


Too Rude - Keith Richards



Keith Richards
¥ 1,876
コメント:通常のCD版。ちなみに正しくは「Vintage Winos」

コメント:スティーヴ・ジョーダンとチャーリー・ドレイトンのリズム隊(曲によって、ドラムとベースを入れ替わる)が気持いいんです!


| 洋楽ロック・ポップス | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ビハインド・ザ・マスク」コレクション2
去年「 「ビハインド・ザ・マスク」コレクション」なんてブログを書きましたが、その「ビハインド・ザ・マスク」が、マイケル・ジャクソンの新作『MICHAEL』 に入るということで。

まずは、クラプトンのバージョン。
ドラムはフィル・コリンズ、ベースはマーク・キング(レベル42)。その他も豪華ゲスト版。

Eric Clapton ♫BEHIND THE MASK



続いて、超大好きな坂本龍一のライブ・バージョン。小原礼のベースも良いです。

Behind The Mask MEDIA BAHN Ryuichi Sakamoto


ヒューマン・リーグのバージョンは、ツイッターで知るまで知りませんでした。
「YMO vs ザ・ヒューマン・リーグ」に収録とのこと。



マイケル・ジャクソン
コメント:BEHIND THE MASK収録!!!

坂本龍一
コメント:勢いのある教授でかなり大好きなアルバム。

エリック・クラプトン
コメント:「ビハインド・ザ・マスク」収録


| 洋楽ロック・ポップス | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
DAISHI DANCE × ピアノジャック、もっと良いかも。
仕事一段落で、先程の「ピアノとカホンが気持ちいい=ピアノジャック」に引き続き、youtubeで再度ピアノジャック見てたんですが、「DAISHI DANCE × →Pia-no-jaC←」もなかなか良いですね。というか、こっちの方が好みかも。

DAISHI DANCE×→Pia-no-jaC← - Andalucia


PIANO project.


DAISHI DANCE x Pia-no-jaC Typhoon (DAISHI DANCE Remix)





DAISHI DANCE × →Pia-no-jaC←
¥ 1,657


| Jポップ・Jロック | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
ピアノとカホンが気持ちいい=ピアノジャック
ピアノジャック。正式な表記は「→Pia-no-jaC←」。
左から読むと「ピアノ(Piano)」、右から読むと「カホン(Cajon)」。

実は、日経トレンディのpodcastの中で紹介されていて知りました。
ビレッジバンガードで大ヒットで、オリコンにも上位に食い込んだとのことで、ポッドキャストの中でまさかの「カホン」という言葉が発せられてビックリ。
カホンも、もう、かなりメジャーと言えるのかな?

で、すぐにDVD『FIRST MOVIES』を購入。
映像は、古臭い感じのエフェクト満載の曲も多いですが、カッコイイ曲はカッコイイ。

と思っていたら、ライブDVD『→Pia-no-jaC← LIVE@九段会館~Jumpin’→JAC←Flash Tour~』 が、12月に限定1000枚で発売のようで、これも頼んじゃいました。
やっぱ、こういうのは、ライブがいいですからね。
(リクオの限定発売のライブDVDも、カホンとピアノが最高で家宝になってます。参考記事「リクオ(RIKUO)、やはり良い。」)

追記:追加ブログ記事を「DAISHI DANCE × ピアノジャック、もっと良いかも。」に書きました。

→Pia-no-jaC←「台風」


→Pia-no-jaC←「残月」


メインストリート・エレクトリカルパレード (→Pia-no-jaC←)



→Pia-no-jaC←,樫原伸彦
¥ 1,401
コメント:ピアノとカホンがカッコイイ。ピアノとカホンだけでカッコイイ。

→Pia-no-jaC←,樫原伸彦
¥ 1,842
コメント:全曲試聴あり。

---
コメント:急遽発売決定になったLIVE DVD。限定1000枚らしいです。後悔する前に買っとかねば。


| Jポップ・Jロック | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) |