+売れ筋
+ヤフー・オークション

+雑色系横断検索
Loading
+関連ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ホフディランといえばコジコジ?再びお茶の間に。 | main | 8/24 20時から2時間USTREAMにてDUB SQUADだそうです。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
オオフジツボとKENSOとプログレ女子と
我らが「うたものギタリスト」太田光宏 氏とアコーディオンの藤野由佳さん、ヴァイオリンの壷井彰久さんのアコースティックユニット。知り合いということ抜きにしても、非常に心地よいアルバムですので、是非是非みなさん聴いてみてください。

癒されるだけじゃなく、時折(?)感じるプログレ精神で元気ももらえます。

オオフジツボ / 光り踊る波 (Live at 音や金時)



で、なぜKENSOかというと、プログレっぽさという点はもちろんですが、タイトルにKENSOの影響を感じたりしたからでして。(実際は無関係かも知れませんが、自分はタイトルをみて、ケンソーが浮かんでしまったので。)

夢のあと(オオフジツボ)   夢の丘(KENSO)

曲名も、「空に消ゆ」(オオフジツボ)と「空に光る」(KENSO)とか。

KENSO - Sora ni Hikaru(空に光る)


そして、プログレ女子は、これ↓

Kenso Sora ni hikaru (空に光る)~MiZ

エレクトーンの発表会(?)でKENSOやる女子高生。かなりすごいのではないかと。 でも、客がついてこなさそう。

さらに動画探したら、なんと9歳でELP Tarkusもやってたようです。この娘、凄すぎます。

ELP Tarkus~MiZ



オオフジツボ
コメント:ヴァイオリンにアコーディオンにアコースティックギター。心地よい音色に癒されます。アイリッシュ/スコティッシュだけでなくプログレ精神も感じたりもします。


| 邦楽ジャズ・フュージョン | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 22:27 | - | - |









http://music-mond.jugem.jp/trackback/737