+売れ筋
+ヤフー・オークション

+雑色系横断検索
Loading
+関連ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ビハインド・ザ・マスク」コレクション2 | main | 大英博物館に「聖☆おにいさん」だって >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
キース・リチャーズの新作!と思いきや。
キース・リチャーズの「Vintage Winos」、自分も新作と思って買いそうでしたが、アマゾンのカスタマーレビューで、騙されたとかなり叩かれてます。

新作と思いきや、実はファンなら持ってる3枚からのベスト盤なのです。
しかもアマゾン、WinosをVinosとか間違えてるし。

でもでも、ストーンズとは違うかっこ良さ満載ですので、持ってない方は是非チェックしてみてください。MP3ダウンロード版「Vintage Winos」 の方で、全曲試聴できます。カッコイイですよ。

スティーヴ・ジョーダン(Steve Jordan)とチャーリー・ドレイトン(Charley Drayton)が、曲によってドラム、ベース、ギターを入れ替わり立ち代わり演奏してたり、P-FUNK系のブーツィー・コリンズ(William "Bootsy" Collins)、バーニー・ウォーレル(Bernie Worrell)、メイシオ・パーカー(Maceo Parker)などの参加もあったり。

Keith Richards - Take It So Hard & Big Enough


Too Rude - Keith Richards



Keith Richards
¥ 1,876
コメント:通常のCD版。ちなみに正しくは「Vintage Winos」

コメント:スティーヴ・ジョーダンとチャーリー・ドレイトンのリズム隊(曲によって、ドラムとベースを入れ替わる)が気持いいんです!


| 洋楽ロック・ポップス | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 11:43 | - | - |









http://music-mond.jugem.jp/trackback/724