+売れ筋
+ヤフー・オークション

+雑色系横断検索
Loading
+関連ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マイケルの「THIS IS IT」見たくなっちゃいますねぇ。 | main | 13Cats(沼澤尚)の未発表音源とな! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
マイケル・ジャクソン、ポール・アンカ、坂本龍一
BARKS:マイケル、未発表曲”This Is It”は盗作だった!?

そうだったんですね。
ポール・アンカといえば、以前のブログ「ポール・アンカがロックをスウィング」で書いた、スパンダー・バレエやらオアシスやらヴァン・ヘイレンやらニルヴァーナやらをスウィングでカバーした超ご機嫌なアルバム『ロック・スウィングス』がありますよね。ここでマイケルの「ザ・ウェイ・ユーメイク・ミー・フィール」もカバーしてましたねぇ。

そういえば、続編的なアルバム『Classic Songs: My Way』も聴きたいと思いながら聴いてませんでした。
こちらは、シンディ・ローパーフォリナーデュラン・デュランブライアン・アダムスビリー・ジョエルジョニ・ミッチェルなどなど。
やっぱ聴きたくなっちゃいました。

ちょっと話は違いますが、坂本龍一の「Behind The Mask」が『スリラー』に収録される予定だったいう話も有名ですよね。収録されていたら凄いことになっていたのになぁ、と改めて思います。

BARKS:坂本龍一&マイケル・ジャクソン共作名義の楽曲がオンエアー

ポール・アンカ
【ディスク1】
  1. イッツ・マイ・ライフ (ボン・ジョヴィ)
  2. トゥルー (スパンダー・バレエ)
  3. アイ・オブ・ザ・タイガー (サヴァイヴァー)
  4. エヴリバディ・ハーツ (REM.)
  5. ワンダーウォール (オアシス)
  6. ブラックホール・サン (サウンドガーデン)
  7. 哀しみの天使 (ペット・ショップ・ボーイズ)
  8. ジャンプ (ヴァン・ヘイレン)
  9. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット (ニルヴァーナ)
  10. ハロー (ライオネル・リッチー)
  11. アイズ・ウィズアウト・ア・フェイス (ビリー・アイドル)
  12. ラヴキャッツ (ザ・キュアー)
  13. ザ・ウェイ・ユーメイク・ミー・フィール (マイケル・ジャクソン
  14. ティアーズ・イン・ヘヴン (エリック・クラプトン)

ポール・アンカ,マイケル・ブーブレ,ジョン・ボン・ジョヴィ,サミー・デイヴィスJr.
【ディスク1】
  1. タイム・アフター・タイム
  2. ゲット・ヒア
  3. ミスター・ブライトサイド
  4. ガール・ライク・ユー
  5. オーディナリー・ワールド
  6. ヘヴン
  7. バッド・デイ
  8. 愛はイクストリーム
  9. 青春の光と影
  10. 君はわが運命 (w/マイケル・ブーブレ)
  11. ウォーキング・イン・メンフィス
  12. アゲインスト・ザ・ウィンド
  13. マイ・ウェイ (w/ジョン・ボン・ジョヴィ)
【ディスク2】
  1. ダイアナ
  2. 恋に賭けるな
  3. アイ・ラヴ・ユー・ベイビー
  4. 君はわが運命
  5. クレージー・ラヴ
  6. たかなる心の歌
  7. ロンリー・ボーイ
  8. あなたの肩に頬うめて
  9. マイ・ホーム・タウン
  10. パピー・ラヴ
  11. アダムとイヴの物語
  12. 今夜二人で
  13. シンデレラ
  14. 涙のダンス
  15. ギターとワインで忘れたい
  16. 恋のつよがり
  17. 太陽の中の恋
  18. パリの娘たち
  19. アイム・ノット・エニワン (w/サミー・デイヴィス Jr.)
  20. 君はわが運命 (リプライズ)
コメント:全曲試聴あり!

坂本龍一
【ディスク1】
  1. G.T.
  2. Ballet Me[']canique
  3. ステッピン・イントゥ・アジア
  4. スリープ・オン・マイ・ベイビー
  5. ジムノペディズ
  6. ゴリラがバナナをくれる日
  7. ア・トリビュート・トゥ・N.J.P.
  8. ディア・リズ
  9. ザットネス&ゼアネス
  10. メリー・クリスマス・MR.ローレンス
  11. ビハインド・ザ・マスク
  12. フィールド・ワーク
  13. ONGAKU
  14. 黄土高原
  15. セルフ・ポートレイト
  16. EX-JAZZ
  17. パロリブレ・エチュード
コメント:幅広い選曲で勢いもあるとてもオススメなライブアルバム。


| 洋楽ロック・ポップス | 01:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 01:50 | - | - |
タイトル見た時に、「Behind The Mask」の話題??と思って、更にその後にエリック・クラプトンが入るかと思っちゃいました。

マイケル作詞の「Behind The Mask」。オーガストでクラプトンが演奏してますよね。
| Kazumi | 2009/10/16 7:53 AM |
>Kazumiさん

どもです。期待を微妙に外してしまいました・・・。

そうですよね、エリック・クラプトンもやってましたね。書き忘れちゃいました。

高校の時に「ビハインド・ザ・マスク」をやろうとした時、クラプトンのバージョンと「メディア・バーン・ライブ」のバージョンとで、好みが真っ二つに分かれて結局やらずじまいになってしまったんですよね。マイケルのバージョンも聴いてみたかったなぁ。。

クラプトンも良いですけど「メディア・バーン・ライブ」バージョンもなかなかですよ。
| shige | 2009/10/17 10:12 AM |









http://music-mond.jugem.jp/trackback/660