+売れ筋
+ヤフー・オークション

+雑色系横断検索
Loading
+関連ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< James Brown's Funky People:通勤BGM | main | What Time Is It? :通勤BGM >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
森広隆にもっと光を!
ハイトーンヴォイスにエッジの効いたギター。うねる疾走感。最高のファンクネス。彼の音楽に初めてふれたとき、鳥肌が立ち、血が踊りました。

いろんなのに手を出して聴いて、「これ良い!」と思っても、ここまで自分の心が叫ぶ音楽には、数年に一回程度しか出会いません。

そんなアーティストの一人がこの森広隆です。

森広隆 - ゼロ地点


森広隆 ゼロ地点(Live Version)


実は、ENDLICHERI☆ENDLICHERI(エンドリケリー)の2枚目のアルバム『Neo Africa Rainbow Ax』を聴いたとき、少し森広隆とかぶったものがあり、その時に森広隆も紹介しなければ、と思いながら下書きのみで放置してしまっていました。

で、今日、マイミクにしていただいているta★kettieさんの日記に登場していたので、「やはり、書かねば」と思い、書かせていただいてます。

さすがにENDLICHERI☆ENDLICHERI(エンドリケリー)では、鳥肌や血が反応すると言うことはなかったのですが、なんとなく音楽の方向性などで似たものを感じました。(森広隆ファンの方々には、一緒にするな、と言われてしまうかも知れませんが・・・。)

で、森広隆の曲がどんなにかっこよいか、というところは、聴いてもらうのが一番、ということで、YouTube動画をご用意させていただきました。(リンクさせていただいただけですが。)

1曲しか見つけられませんでしたが、是非、見てみてください。そして、もっともっと活躍できるよう応援してください。
はやく次のアルバムを聴きたいです。ニューアルバムはいったいいつになるんでしょうか・・・。

ちなみに、誇張でも何でもなく、アルバム、ミニアルバム、マキシシングル、全て必聴盤です。

そういえば、旧オフィシャルサイトでは、スガシカオのコメントもあります。村石雅行のドラムもさえているので、村石ファンにもおすすめです。

新オフィシャルサイトでは、2006.11.23 発売の新曲も試聴できます。音沙汰がないなぁ、と思っていたらいつのまにかインディーズに移行していたようで、このCDの存在は今知りました。
頑張れ!森広隆! もちろんインディーズでも全然かまわないけど、バリバリいい曲作ってCD出しまくってくれ!

並立概念
『並立概念』森広隆
基本中の基本。絶対聴いておくべきアルバム。

CYCLONE
『CYCLONE』森広隆
西脇辰弥プロデュース(全曲ではなかったかも)のミニアルバム。

Rainbow Seeker
『Rainbow Seeker』森広隆
西脇辰弥プロデュースの、ちょっとポップな要素も入ったシングル。

| Jポップ・Jロック | 21:57 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 21:57 | - | - |
同感ですねぇ。最近路上ライブとかも地道にやってるらしいです。FUNKって一般日本人にはウケないんですかねぇ...。
| nobiles | 2007/06/18 11:28 AM |
おおっ。
そうなんですよねぇええ。ブレイクしそうになりながら、いまいち弾けないんですよね。。
まぁファンとしては、逆にメジャーじゃないところがうれしかったり(笑)

ほんと、すべての発表CDが必聴盤!
そして、RIP SLYMEのライブDVDで森君がギターを弾いてるのも必見!(^^)

ちなみに、大半の曲を叩いている波多江健さんのドラムも実は必聴です。
そのうち大ブレイクするドラマーだと思ってます^^
| ta★kettie | 2007/06/22 11:32 PM |
補足(笑)

>いまいち弾けないんですよね。。

これ、「いまいち弾けない(ひけない)・・・」ではなく
「いまいちハヂけない・・・」です。

一応補足でしたw

#森さんのギターはものすげーーーかっこいいですよね(^-^*)大好きなギターなのです^^
| ta★kettie | 2007/06/23 12:04 AM |









http://music-mond.jugem.jp/trackback/300