+売れ筋
+ヤフー・オークション

+雑色系横断検索
Loading
+関連ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 認めたくないものだな・・・。 | main | CD3000枚プレゼント! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
バーニー・ウォレル → デニチェン、ホッピー神山
ちょっと前の投稿のコメントへの返信をこちらで。

バーニー・ウォレルのFunk Of Ages、こちら↓のジャケですよね。
Bernie Worrell

自分も最初に人から借りたときはこれでした。でも、しばらく経ってから買ったときはすでに、

Funk of Ages

でした。上の方がいいですよね。でも、内ジャケのアポロシアター前ポーズはありますよ。

そうそう、sawaさんのおっしゃる通り、Don't Piss Me Offのデニチェン最高です。ドラムスクール行ってるとき、ヤリタイ曲で出しました。(でも、やらせてもらえませんでしたが。。。)

デニチェンというと、ツーバスでドコドコなうるさいドラマーとの誤解を結構受けているのではないかと思いますが、そんなことないですよね。音数の少ないものを叩かせたときの気持ちよさ、大好きです。

3
「3」Stanley Clarke / George Duke(The Clarke / Duke Project)(全曲試聴あり)
での、パーラメント・カバー「Mothership Connection (Star Child)」、嵐のあとの静けさみたいな感じで、音数王とグルーヴの両方を堪能できるドラミングも大好きです。


そしてさらに、ホッピー神山と言えば『音楽王』というアルバム。
もう廃盤でAmazonでは売ってないようですが、オークションとかで安価で出回っているので、もし聴いたことなければ是非聴いてみてください。

ゲストで、ジョージ・クリントン、メイシオ・パーカー、カーティス・キングなども活躍してて、かなりP-FUNKなアルバムです。(「音楽王2」は、一転してジョン・ゾーンとのコラボレーションなので、同じ気持ちで買うと、「え?」と思ってしまいますので注意。でも、どちら路線でもありなのがホッピー神山の素晴らしいところで、大好きです。)

| ブラック・ソウル | 23:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 23:58 | - | - |
そうそう,この(上の)ジャケットです.このジャケじゃあまりに“いんてりじぇ〜んと”な感じなので,一目で“P-Funkで〜す”とわかるもの差し替わってしまったのでしょうか.ま,いずれにしても(隠れた)名盤ですよね.

Clarke/Duke3のその曲もイントロのドラム,笑ってしまいますよね.(昔Wサンに聴かせたら,やっぱり笑ってました.)
来3月,BNT他にマイク・スターンが来ますよね.
デニチェン&ボナのリズム隊なら見に行こうかと思っていましたが,今回はドラムはウエックルのようです.残念.あ,いやウエックルが嫌いという訳ではないですが.(ベースもボナではないみたい)

音楽王2は,1stの延長を期待していたので,ボクも「え?」でした.ジャケ写にも「え?!」でしたが.
まあ,けど日本のバーニーとしてがんばって欲しいものです.
| sawa | 2006/12/10 11:31 PM |









http://music-mond.jugem.jp/trackback/250