+売れ筋
+ヤフー・オークション

+雑色系横断検索
Loading
+関連ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
Vドラム
ローランド 電子ドラム ROLAND VドラムV-Compact Series TD-4K-S
ローランド 電子ドラム ROLAND VドラムV-Compact Series TD-4K-S

V-drumにこんな機種が出てたんですね。
自分にはこれで十分な気がします。

ますます欲しくなっちゃいました。
叩く時間無いけど。。。

JUGEMテーマ:ドラム

| バンド歴 | 00:43 | comments(3) | trackbacks(0) |
ライブは何とか無事に終了
ライブ、無事に終了しました。

いきなり最初の曲から入りそびれてしまったり、ドンドン走りまくってしまう曲複数、という感じで、練習不足の感は否めませんでしたが、でも、そこそこ良いノリで気持ちよくできたのではないかと思います。

演奏はともかく、日頃の疲れがすっ飛ぶほど楽しかったです。
やっぱ、バンドって良いですよねぇ。

子供も二人とも参加しちゃったし。
#下の子(2歳)も、まさか本当にステージに乗るとは思っていませんでしたが、ステージでしっかり歌ってたし。(特に、最後のyou are the universeなんて、自分の方をちらちら観ながら余裕の表情でかなり歌ってました。)次回は絶対マイク立てなくちゃね。

ちなみに、今回やった曲は、

♪spend some time / the brand new heavies
♪Runaway / salsoul orchestraNu Yorican Soul
♪A woman needs love / paris match(オリジナル:Ray Parker Jr.
♪I miss you / SAKURA (オリジナル:Klymaxx
♪I want you back / 村上ポンタ秀一 fea.NOKKO(オリジナル:JACKSON 5
♪you are the universe /the brand new heavies

特に、お客さんから評判が良かったのが(というか、「こんな曲を聴けると思ってなかった」「懐かしい」というのが。)、これ↓。(この動画だと、なぜか盛り上がるブリッジ前で終わっちゃってますが。)

Klymaxx - I Miss You (LIVE! 1986)


20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Klymaxx
20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Klymaxx
Klymaxx

ボーイズ競瓮鵑離弌璽献腑鵑發覆なか良いです。

boys 2 men - i miss you - Throwback


スロー・バック Vol.1
スロー・バック Vol.1
ボーイズIIメン

でも、一番盛り上がるのは、SAKURAのバージョン。

SAKURA SINGS BALLADS-Smooth Side-(CCCD)
SAKURA SINGS BALLADS-Smooth Side-
SAKURA(全曲試聴あり)

| バンド歴 | 02:20 | comments(4) | trackbacks(0) |
リハビリ生活開始
演奏能力開発エクササイズ エレクトリック・ベース―テクニック向上促進プロジェクト
演奏能力開発エクササイズ エレクトリック・ベース―テクニック向上促進プロジェクト
アンソニー ヴィッティ,藤田 智久

子供ができてバンドを休止し、楽器自体を触ることもほとんどなくなってしまってから、早5年くらいが経ってしまいます。でも、そろそろ復活したいと思い、まずは5万円かけてベースのリペアをしました。

が、そこから先、弾くところまで中々たどり着かず日々が過ぎてしまいました。バンドが組めれば間違いなく弾き始めるんですが、中々メンバーも見つけられず・・・。

で、久々に軽く弾いてみたりしたんですが、指が動かない動かない・・・。
ということで、ここは初心に戻って、基礎からリハビリを開始しようかなということで、バークリー音楽院(バークレー音楽院)の教授が教えるシリーズ教則本を引っ張り出し、さすがに毎日とかは弾けないですが、週1日時間を決めてさわる、というところから開始しました。

人生再設計計画(大袈裟すぎ)の一環として。


(書籍は絶版で高値がついちゃってるようですね。「演奏能力開発エクササイズ」シリーズ、今から買うならDVDの方が安いようです。)

DVD ベーシストのための演奏能力開発エクササイズ
DVD ベーシストのための演奏能力開発エクササイズ


| バンド歴 | 22:24 | comments(3) | trackbacks(0) |
まりねってぃ(レベッカ、山下久美子、渡辺美里 他)
バンド遍歴コーナーの高校生部門第1弾。
記憶が定かでない部分も多々・・・。本人もしくは関係者の方、コメントにて情報追加修正お願いします。。。

「まりねってぃ」
 ベース:shige
 ドラム:忘れた
 ギター:忘れた
 キーボード:Satoshi
 ヴォーカル:忘れた

○活動時期:1986〜1987年?

○出演ステージ
新宿 ANTIKNOCK

○演奏曲目(セットリスト)
山下久美子 / On Sunday's 1986
山下久美子 / こっちをお向きよソフィア
山下久美子 / Single
渡辺美里 / みつめていたい〜Restin' In Your Room
シンディ・ローパー / She Bop
アン・ルイス / 六本木心中
レベッカ / Cheap Hippies
Beatles / Can't buy me love
BOOWY / Dreamin'

初心者集団の初ライブ。自分もベース購入してから初のライブ。
なのに、フレットレス曲(ハーモニクスまで使用)、スラップ(チョッパー)曲まで。なんて無謀な・・・。

山下久美子と言えば、一般的には、最近夏目ナナとか言う人がカバーしている「赤道小町ドキッ」のイメージでしょうが、なかなか渋い選曲ですよね。今聴いても、結構好きかも。

レベッカは、他にも「Maybe Tomorrow」「フレンズ」「Raspberry Dream」「When a woman loves a man」「BOSS IS ALWAYS BOSSING」「Moon」「GIRL SCHOOL」辺りを練習していたようなかすかな記憶が。
あと、毛色違いのT.Rex「メタルグルー」なんかもやっていたらしい。


| バンド歴 | 23:13 | comments(3) | trackbacks(1) |
お前も蝋人形に・・・。初めてのライブ。
自分の初めてのライブは、中学の卒業イベントでした。

それまでピアノを習ったこともないし楽器には全く縁がなく、聴く専門だったんですが、当時から聴き方が半端でなかったためか、イベントのほんの数日前に、「ライブに出ないか?」と誘われ、「楽器弾けないから」と言っていたにもかかわらず、シンセを手渡され、1本指奏法でシンセベースを演奏したのが下記の楽曲達。

蝋人形の館 / 聖飢魔II
ミス・ブランニュー・デイ / サザン・オールスターズ
Melody / サザン・オールスターズ
RAIN-DANCEがきこえる / 吉川晃司
ff(フォルティシモ) / ハウンド・ドッグ
ラスト・シーン / ハウンド・ドッグ



いやー、懐かしい。誘ってくれた彼のおかげで、ベースという楽器に目覚め、このイベント後にベースを購入し、今に至っているわけで、ほんと、彼には大感謝です。ね、Satoshi。

ちなみに、聴き方がどう半端なかったかというと、
ビルボードのTOP100やUKチャート(何チャートだっけ?FM Fanに載っていたチャート)をマーカーでチェックして、ほぼ全て揃えていたような状態。

もちろん基本は「エアチェック」(今や死語・・・)で。
さらに、ラジオでかからないのは、「レンタル・レコード」(これまた死語・・・)で。


| バンド歴 | 00:20 | comments(1) | trackbacks(0) |
シゲ・○○ダとソウル・サーチャーズ
バンド履歴第一弾は、バンド名に対する評判が高かった(?)こちらから。

「シゲ・○○ダとソウル・サーチャーズ」
 ベース、リーダー:shige
 ドラム:Boo 渡辺
 ギター:Nogu
 キーボード:Hoshi
 ヴォーカル:しぼり

○活動時期:1993年

○出演ステージ [イベント名]
・早稲田大学 [早稲田祭]
恵比寿ギルティ(現在、渋谷)[裏パイオニア音楽祭]

○演奏曲目(セットリスト)
Rufus & Chaka Khan / Dance Wit Me
Gino Vannelli / I Just Wanna Stop
The Brand New Heavies / Spend Some Time
The Brand New Heavies / Dream Come True
The Brand New Heavies / Stay This Way
The Brand New Heavies / Never Stop
Roberta Flack / (忘れた)



○バンド名の由来
名前の元ネタ:Chuck Brown & The Soul Searchers

彼らの曲をやったわけではないが、P-FUNKホーンズ大活躍で、William "JUJU" HouseとGlenn Ellisが「ドラムとベースだけでこんなに気持ちいいなんて!」という最高のグルーヴを作り出している最強のGO-GOアルバム『This Is a Journey...Into Time』が、結成当時のメンバー間で大ブームだったので、名前をパクらせていただいた。リーダーであり、チャック・ブラウン・ブームの火付け役でもあった自分の名がフロントに。

This Is a Journey...Into Time
This Is a Journey...Into Time


| バンド歴 | 14:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
バンド履歴:バンド名、セットリストなど
自分が今までにやってきたバンドに関するデータを、この新カテゴリ「バンドメンバー募集?」に貯めておきたい思います。

思い出に浸るという意味もあり、共通の趣味の人と分かち合いたいという意味もあり、誰かバンドに誘ってくれないかなぁ、という思いもあり。

暇を見て、徐々に、追加して行きます。

とりあえず、覚えているだけリストアップ。

■中学時代
(名無し or 忘れた)

■高校時代
まりねってぃ
HUMBUG
ACE

■大学時代
KONA Hawaiians(サークル)
チョコレートパフェ(サークル:W.U.K.)
POW(サークル:W.U.K.)
キング・ボンビーズ
ACCUS & CROSS

■社会人時代
シゲ・○○ダとソウル・サーチャーズ
SMOKEY
キムチャンズ
KIM CHANGE
KIM CHANGED
KIM CHARGED
MaXImUmVoLUmE62=
LOVE & PEACE
フラッシュ木村と電飾大王s
Dr.ノダ&ザ・ワクチンズ 
4・1/2
頭金頭(TALKIN'S HEADS)
PROJECT K
秋庭原人
秋ヴァ原人

■即席プロジェクト
しげ森きむ太郎
オヤジ was Reborn

■各種セッション

| バンド歴 | 23:14 | comments(3) | trackbacks(0) |