+売れ筋
+ヤフー・オークション

+雑色系横断検索
Loading
+関連ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
かもめ食堂で和む
かもめ食堂
かもめ食堂

先週、珍しく相方がDVDをレンタルしてきたので見た。かもめ食堂。

和んだ。
癒された。

最近、何かとイライラしてたり、怒鳴ったり、疲れ切ってたり。
そんな日々を忘れさせてくれるような時間感覚と、人と人との関わり。

テレビ(地上波)でもやっていたので、録画。
これでいつでも観られる。

本(原作)も、登場人物の背景が書いてあったりして良さそうなので、読んでみようかな。

かもめ食堂
かもめ食堂
群 ようこ

| 映画・アニメ DVD | 00:37 | comments(1) | trackbacks(0) |
黒澤明「生きる」:人間は死を意識しないと生きられない生き物か・・・。
生きる
「生きる」黒澤明

実はあまり期待せずに見た。でも最近、生きてないなぁ、と感じている自分にとっては、一つの刺激になったと思う。

「命短し 恋せよ乙女」

人は、自分の死を意識して初めて生きられるものなのか。
そして、他人の死では、自分のものとして受け取れないのか。

いつ死ぬかわからない人生、いつ死んでも悔いのないように、いろいろなことを我慢せず、そして先送りせず、しっかりと、生きるために生きていきたい。

大好きだった、日経ビジネス元編集長 井上裕さんのポッドキャスト「編集長の終わらない話2.0」でも次のような話をされていた。

「生きる目的とは、生きること。とにかく生き抜くこと。」

・人からの評価ではなく、自分自身がいかに生きるかということ。
・人を殺す人がいる社会、自分で命を絶つ人がいる社会というのは、何かがおかしい。
・殺そうと思って殺すのも、事故を起こして殺すのも、大差はない。

何のために生きているのか。生きるためじゃないのか?だとしたら、なぜ殺したり死ぬべきタイミングでもないのに死んだりするのか?

自分の拡大解釈が入っている可能性はありますが、資本主義を発展させるべく活動している人が、このような考えや発言をしていることに、すごく驚くとともに感動して大ファンになりました。そして、まだまだ日本にも救いがあるな、と感じました。

井上裕編集長は、写真からは想像できないとても素敵な声で人生論を熱く語っていて、経済誌もしくは日経のイメージが大きく変えてくれました。ものすごく人を大事にして、きっとみんなから慕われる上司であったことはまちがいないでしょう。

が、ほどなく人事異動で編集長が替わっちゃったんですよね。。。でも、新しい編集長も思っていたよりは人間味のある方で、引き続き「編集長のここだけの話」拝聴しています。

資本主義=金。金ですべてを評価するような社会。金に繋がらないことには意味を見出さない。金を生み出さない人間には価値がないかのような感覚をもたらす社会。

そんな考えにとらわれ過ぎている人達が多くなってしまっているのではないかと思う今日この頃、資本主義社会を作り出してその中で生きている人間である以前に、生きるため、子孫を残すために生きる生物であり、生きること自体に意味があるということを今一度、その、ひとつ、みんなが心に呼び起こして、死んだり死なせたりすることのない平和な社会になるといいなぁ、と思うわけであります。


ちょっと飛躍しすぎてきました。。。視点もずれてきましたね、たぶん。。。
話を黒沢明「生きる」に戻します。

主人公は、市役所の市民課で意味のない仕事をこなすことで忙しく、やる気もなくただミイラのように生きてきた訳ですが、自分が胃ガンだと知ってから自分に残された時間が少ないことを意識し、ミイラ時代には気がつかなかった美しいことに気がついても、「いや、私にはもう時間がない」と、自分がやりたいことを成し遂げるためにひたすら行動します。最後には、成し遂げた場所で一人寂しく死んでしまうわけですが、彼の、死を意識しながら行動したその想いに周囲の人間は気付き「自分たちも変わるぞ!」と一致団結・・・・・と思いきや、他人の死ではそれまでの自分たちの習慣を断ち切ることができず・・・。


志村喬がすごくいい味、いい演技をしていて、それだけでも見て良かったと思える映画。
単純なテーマといってしまえばそれまでなのかも知れませんが、1953年という半世紀以上前の映画であるということを全く感じさせません。さすが、黒澤明、そして志村喬。


で、たまたまテレビをつけたままこのブログを書いていたら、なんとテレビ朝日で黒澤明ドラマスペシャルというのをやるというではありませんか。

9月8日と9月9日の二夜連続で、「天国と地獄」「生きる」。
「生きる」は、松本幸四郎が演じるようで、志村喬より良い演技は期待できないとは思いますが、これも何かの縁かも知れないし、忘れずに録画しておきます。


よしっ、後悔しないように、バンドも再開しよーっと!
(って、なんか違う?)


| 映画・アニメ DVD | 02:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
リュック・ベッソンって、引退するのしないの?
asahi.com:ベッソンが監督「引退」 9月公開アニメが最後 - コミミ口コミ

asahi.comのニュースを見て「リュック・ベッソン大好きだったのに引退しちゃうんだぁ。。。」と思ってたら、ちょっと古めのニュースだけど「引退表明していたリュック・ベッソン、最新作の続編製作を発表」なんてニュースもあって、どっちなんだろうって。

いずれにせよ、辞めちゃうというのは非常に残念。

↓この辺の映画、好きでした(好きです)。

グラン・ブルー<グレート・ブルー完全版>
グラン・ブルー<グレート・ブルー完全版>
ジャン・レノ

フィフス・エレメント
フィフス・エレメント
ブルース・ウィリス

レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション
レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション
ジャン・レノ

トランスポーター【廉価版2500円】
トランスポーター【廉価版2500円】
ジェイソン・ステイサム


| 映画・アニメ DVD | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブッシュ暗殺
ブッシュ大統領暗殺をテーマにした映画「Death of a President」。
当初、邦題は『ブッシュ暗殺』だったんですが、映倫によって、『大統領暗殺』に変更させられました。ま、確かに、原題もブッシュとは言っていないので、正しいといえば正しいですが。

でも、公式サイトのgoogleキャッシュ情報は、まだ『ブッシュ暗殺』のままです。(6/10 22:30現在)

・公式サイトのキャッシュ情報(テキストのみ表示)


にしても、マイケル・ムーアの『華氏 911』でもさんざん描かれているのに、いまだに大統領の座にいるブッシュって何者なんでしょう?というか、彼を大統領にしているアメリカ人って・・・。

『華氏 911』に出てくる、小学校でテロの話を聞いた時の、ブッシュの視点の定まらないあの顔、かなり衝撃で印象に焼きついています。非常事態に何も行動できなかった、ブッシュ大統領。。。

『ブッシュ暗殺』もとい、『大統領暗殺』、どういう視点での映画かはよく知りませんが、興味あります。

華氏 911 コレクターズ・エディション
華氏 911 コレクターズ・エディション
ドキュメンタリー映画(マイケル・ムーア監督)

| 映画・アニメ DVD | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
西遊記 DVD-BOX 買っちゃいました。今なら半額だし。
西遊記 DVD-BOX 1
西遊記 DVD-BOX 1
堺正章,夏目雅子,岸部シロー,西田敏行

西遊記 DVD-BOX、amazonで半額になってます。
懐かしさのあまり買っちゃいました。

ゴダイゴ「モンキー・マジック」をはじめとした音楽も最高だし、何より全体のテンポがいいです。
もちろん挿入曲もかっこいい。

まださわりしか見てませんが、全部見るのが楽しみです。

| 映画・アニメ DVD | 01:09 | comments(1) | trackbacks(0) |
今更「チャーリーとチョコレート工場」そして「時計じかけのオレンジ」
チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場

大好きなティム・バートン。でも、ヒット映画には興味ないし、ジョニー・デップの顔もあまり好きではないので、全く触手が動かなかった「チャーリーとチョコレート工場」。

会社の後輩に、「絶対面白いから観てください。」と勧められ、「でも、どうせ一般ウケするメジャーなつまらないヒット映画でしょ?」と思いながらも借りて観てみました。

結果・・・・面白かったです。

ま、一般ウケする要素も多いことには多いので、飽きは来そうな映画だけど、キャラが良かった。個性的な出演人物達。ジョニー・デップも、ちょっと見直しました。
ウンパルンパは、キャラとしてはありがちでイマイチだけど、ミュージックシーンはまあまあ好きかな。

借りたのは通常盤だったんですが、特別版DVDが気になります。

チャーリーとチョコレート工場 特別版
チャーリーとチョコレート工場 特別版
★「チャーリーとチョコレート工場 特別版(2枚組)」には70分を超える豪華映像特典を収録!
●メイキング
・リスの襲撃
・ダール氏のステキな世界
・ウンパ・ルンパになる
・混ぜ合わせてみたら・・・チョコレート・ドリーム
・いろんな顔、いろんな味
・スウィート・サウンド
・チョコレートのデザイン
・包装紙の下には
●ゲーム
・ウンパ・ルンパ・ダンス
・悪いクルミを選別せよ!
・新しい味を発明しよう!
・金色のチケットを探せ!
●隠しボタン


そして、DVDを見てて、全然違うんだけどなぜか一瞬「時計仕掛けのオレンジ」が浮かびました。色彩感かなぁ?でも、そんなカラフルな訳じゃないしなぁ?

時計じかけのオレンジ
時計じかけのオレンジ
スタンリー・キューブリック

「時計仕掛けのオレンジ」は、内容としては気分が悪くなるシーンも結構ありますが、オシャレなオブジェや衣装、素敵なセリフなど、結構好きな映画です。
(でも、子供が見てしまうと良くないと思うので、しばらくは封印。。。同様に結構好きな「ナチュラル・ボーン・キラーズ」も封印。)

ナチュラル・ボーン・キラーズ 特別版
ナチュラル・ボーン・キラーズ 特別版
クエンティン・タランティーノ、オリヴァー・ストーン

にしても、今の狂った日本では、こういう映画(時計仕掛けのオレンジとかナチュラル・ボーン・キラーズとか)を見て、そのまんま実行してしまう(実行してしまった)狂った人間もいるんだろうな、と、怖くなってしまいます。どんどん壊れた人間が量産されているかのような時代ですよね。やはり人類は、そう遠くない将来、自滅するんでしょうか。

あぁ、なんか、最後には親子愛、家族の大切さを訴えている平和な映画「チャーリーとチョコレート工場」の投稿のはずが・・・。

| 映画・アニメ DVD | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
JAZZYな映画と言えば
モ’・ベター・ブルース
DVD「モ’・ベター・ブルース」

JAZZYな映画と言えば、自分は何と言っても、大好きなスパイク・リー監督の「モ’・ベター・ブルース(MO' BETTER BLUES)」。
JAZZYな気だるい雰囲気だけではなくHIPでHOPだったり勢いもあったり。ちょっと泣けちゃったり。

これまた大好きなデンゼル・ワシントンが、ジョン・コルトレーンに重なって見えるんですよね。ウェズリー・スナイプスもかなりジャズ・マンになりきってるし。

映画も気持ちいいですが、サントラもかなり良いです。

Music From Mo' Better Blues (1990 Film)
「Music From Mo' Better Blues (1990 Film)」
Original Soundtrack(全曲試聴あり)

デンゼル・ワシントンが歌う、ギル・スコットヘロン(Gil Scott-Heron)ばりの語り口調ラップが心地よい「Pop Top 40」、UAもライブ盤「FINE FEATHERS MAKE FINE BIRDS」でカバーした「Harlem Blues」、GANG STARRのHIPなラップ曲「JAZZ THING」、シンプルで美しいジャズもあれば、ノリノリになれるジャズもある。

JAZZ初心者の人にもいいんじゃないでしょうか。


| 映画・アニメ DVD | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
ピタゴラス一致(ピタゴラスイッチ)
ピタゴラ装置DVDブック1
ピタゴラ装置DVDブック1

NHK教育放送の『ピタゴラスイッチ』のDVDが出るらしいです。
ピタゴラ装置の仕掛けには、大人であっても感心してしまうとともに、自分でも作りたくなると思います。
で、そんな『ピタゴラスイッチ』において、大きな役割を果たしているのが、あのほのぼのしたテーマソングでもあります。このテーマソングは、ウクレレ・スターウォーズ「やる気のないダースベイダーのテーマ」にも参加している「栗コーダーカルテット」が演奏しています。

「ピタゴラスイッチのテーマ」をはじめとしたリコーダーによる“ほのぼのソング”満載なアルバムが下記。オススメです。映画『クイール』の曲も収録。

アンソロジー 20 songs in early 10 years(1994~2004)
「アンソロジー 20 songs in early 10 years(1994~2004)」栗コーダーカルテット

試聴はこちらで。

| 映画・アニメ DVD | 21:11 | comments(4) | trackbacks(1) |
ヴィム・ヴェンダース:デジタルニューマスターにて再発
大好きなヴィム・ヴェンダースの映画2作品がデジタルニューマスターDVDで再発された。しばし廃盤状態で再発は諦めかけていたので嬉しいニュースだ。

映像の美しさ、流れる時間の美しさ。心が落ち着くストーリー。
でも、なかなかゆっくり見る時間が持てない・・・。落ち着きたい・・・。

パリ、テキサス デジタルニューマスター版
パリ、テキサス デジタルニューマスター版

ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版
ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版

| 映画・アニメ DVD | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スキージャンプ・ペア in トリノ・オリンピック?
スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~
スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~

青山のsolarという店でランチを食べてたときに、店内にあるスクリーンに流れていて気になっていた映像「スキージャンプ・ペア」。
結構DVD出てるんですね。
 →「スキージャンプ・ペア・DVD」

そして、今回発売されるのが、ドキュメンタリー風映画「スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~」で、トリノ・オリンピックの正式競技になるまでの苦闘を描いたものとのこと。なんと映画館での上映もあるようです。

「巨人の星」をパロったトレーニング法、特別出演の船木和喜選手、荻原次晴選手、アントニオ猪木(本人&CG)など。非常に気にはなりますが、果たして買ってよいものかどうか・・・。

・「スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~」映画サイト(予告編映像あり)
・スキージャンプ・ペア・オフィシャルサイト


| 映画・アニメ DVD | 16:34 | comments(1) | trackbacks(2) |